手汗の症状について

汗っかきの方の中に、手汗で悩んでいるという方が多いようです。
手汗のせいで日常生活に支障を感じているというのです。

 

たかが汗、とは言え、いつも手のひらが汗で濡れているというのは、当事者にしか分かりません。恋人と手をつなぐのも躊躇していしまいます。また、仕事でも書類が濡れてしまったり、営業先で握手のため手を差し出されたりしようものなら、緊張のあまりもっと汗が出てしまうハメになりそうです。

 

手汗がひどいと感じているなら、「手掌多汗症」に該当すると思われます。
ちゃんとした病名があるのです。ということは当然、治療法もあるので、一人で悩んでいないで、診察を受けてみることをおすすめします。

 

手掌多汗症には、3つの症状レベルがあります。

 

1.手のひらが汗で湿っているが、手を握っても汗が垂れるほどではない。
2.手を握ると汗が垂れる状態。
3.手のひらを開いていても汗が垂れてくる。

 

季節やその時の精神状態などで変わってきますが、自分がどのレベルの状態なのかを知るのに参考になります。もし3のレベルに該当するのであれば、なんらかの治療をした方がいいということになります。

 

 

手汗よりも顔汗の悩みが大きい、、、という方は、
コチラの方が参考になると思います。

 

手汗の原因

手のひらや顔面、頭部、脇の下、足のうらからの発汗は、自律神経の一つである交感神経の活動で起きるものです。

 

手汗の場合は主に頚部から第六助骨までの交感神経節が関係しているといわれています。

 

ちなみに、顔面、頭部の汗は、頚部から第三助骨までの交感神経節、脇の下は第三から第八助骨までの交感神経節、足のうらは、腰部交感神経節が関係していると言われています。

 

手のひらの多汗症は、頚部から第六助骨までの胸部交感神経節の働きがとても強いことが原因で起きる症状と考えられています。

 

そのため、手汗症治療は交感神経節の働きを抑える処置を行うことになります。

多汗症と手汗

身体の中で、手汗が酷いという方は男女ともに多く、最近は手汗に関する相談が多くなってきているのだそうです。

 

手というのは、常に人目にさらされているものですし、生活の様々な場面で使用頻度の高い部分でもあります。そこがいつも濡れている状態というのは、やはり困った問題ではあります。

 

手汗の多汗症を手掌多汗症と言いますが、その原因は様々で、体質的な問題や遺伝などもあるようです。いずれも交感神経に関わってきますが、手掌多汗症は精神面や心理面の影響も出やすいところでもあります。

 

そのため、軽い症状なら精神的安定や心理療法で改善できることもあります。また、生活や食事習慣の改善など体質改善をすることによって、症状が良くなることもあります。

 

しかし、手のひらを開けていても汗が落ちる、というようなレベルになら薬物療法や外科手術などの治療法を考える必要が出てきます。

手汗で困ること

手汗で悩んでいる方が多いのは、インターネットの口コミサイトなどを見ると、とても多いことがわかります。

 

手汗が比較的軽度の人から重度の人まで、日常生活においても、かなり困っていらっしゃいます。

 

例えば、スマホの操作がスムーズにできなくてメールを早く打つことが難しいというもの。指先が湿っていると滑りが悪く、文字の早打ちができないですよね。また、スマホの画面が濡れてきたりして、頻繁にふき取っていないと汚れたような画面になってしまいます。

 

また、怖いのが車の運転です。手汗がひどいとハンドル操作に気をつけないと滑ってしまうようです。とっさの際のハンドル操作を誤ってしまって事故につながるのではないかとヒヤヒヤしているという方もいます。

 

小学生や中学生の時には、友達と手をつなぐことができないと言った悩みや、運動会などのマスゲームやフォークダンスなど手をつなぐ場面で、躊躇してしまったという思い出を投稿している方もいます。

 

入試で、緊張のあまり手汗がひどくなって、答案用紙が湿ってしまったという経験や、手汗がひどくて恋愛に臆病になってしまっているという悩みなど、手汗で悩む人は多く、その事実を他人に言えない方もいるのが実情です。

 

緊張と汗

人は外気温や体温の上昇の影響を受けて発汗します。
では、緊張すると、ドッと汗がでるのはなぜでしょう。また予防や改善はできるのでしょうか。

 

緊張でかく汗は、神経が興奮することで交感神経の働きが優位になるため汗の分泌が促されるからです。緊張による汗は、誰もが経験することで、決して異常なことではありません。

 

ただし、緊張が人並み以上に交感神経を刺激してしまい、多汗症に繋がることもあるので、緊張による発汗が全く多汗症と無関係とも言い切れないという説もあります。多汗症の原因は複雑で絶対にこれ、という原因が解明されていないのが現状です。

 

緊張による発汗とは、初めてのデートで手をつなぐ時や、就活の面接時、神経を集中した作業をする時など緊張のあまり手や額や脇の下などにたくさん汗をかいてしまうということがあります。

 

このように、誰もが経験したことがある緊張による発汗は、人の自然な生理現象ですから、恥ずかしいことでもありませんし、悩む必要もありません。

 

でも、自分が極度に緊張する性格だとわかっている方は、心を落ち着ける訓練で発汗をある程度減少させることができます。緊張しそうになったときに落ち着ける、自分なりの方法を持つといいですね。

更新履歴