汗臭について

汗をかくと臭うのではないかと気になりますが、それは誰もが同じですね。
そもそも臭いはどうして発生するのか、汗臭と体臭は同じ?

 

基本的に汗は無臭です。サウナで大量に出る汗はサラサラで臭くありません。
「汗臭い!」と表現されたりするので、汗は臭いものだと思われているのですが、実は無臭なのです。

 

しかし、確かに汗が臭う場合があります。この原因は細菌にありました。
私たちの体にある雑菌は汗を栄養素としています。そして細菌が繁殖する際に、ニオイ物質という老廃物を放出しているのです。これが体臭や汗臭と呼ばれている実態なのです。

 

細菌が繁殖しやすい部位や繁殖する条件があります。体の高温多湿な環境が備わっている部位で、細菌のエサとなる汗や分泌物が豊富であると、汗が臭いってしまうわけです。

 

細菌が繁殖しやすい部位は、足・股・脇の下などです。
足などは靴下を履くので、臭いが靴下に移ってどんどん蓄積してしまうので、強烈な臭いを発生してしまます。裸足なら足から出た汗が気化してしまい、臭いも防げますが常に裸足というわけにはいきません。できれば靴下は頻繁に変えることを心掛けるといいでしょう。

 

これは身体の汗臭にも言えることです。裸で過ごすことができればいいのですが、汗を吸収する衣類が臭いをため込んでしまうことになります。
多汗症までいかない汗っかきであれば、市販されている消臭グッズなどを利用して汗臭対策をすることで臭いを気にしなくてもよくなります。

ワキ汗の特徴

洋服の脇がじっとりと湿っているのを見ると、臭ってもいないのになんだか臭そうと思ってしまいます。なので、自分は大丈夫かしらと、つい自分の脇を確かめたくなります。

 

日本人は清潔好きなのでワキ汗などにはとても敏感で、気にします。
ワキパットつきのインナーなども販売されていて、四季を通して売れている商品だということです。

 

ワキ汗はあまり臭わないのは、気温や運動などで体温が上がった時にでる汗で、エクリン汗腺という汗腺から出ます。この汗は99%が水分で残りは塩分などのミネラルや乳酸などです。

 

ところが脇がとても臭うワキガは、脇に集中しているアポクリン汗腺から出る汗が原因で、乳白色をしており、脂質やタンパク質を多く含んでいます。脇に存在する雑菌がこの汗を栄養分にして分解することでワキガが発生するのです。普通の汗の臭いとは違う、ツーンとしたワキガ臭が発生します。