手汗に塩化アルミニウム液

手汗を止めるのに病院などでは、塩化アルミニウム液を処方しています。
Amazonでも購入できるので、愛用者が増えているようですが、使い方を間違えると手がかぶれたり、効果が半減してしまうので注意が必要です。

 

塩化アルミニウム液の使い方は、寝る前に手のひらに塗って乾かします。
翌朝起きたら、洗い流す。塩化アルミニウム液を塗る前に手を清潔にしておくことがポイント。

 

液の量は少量にして、両手をこすり合わせてよくすり込みます。その後10回ほど両手で拍手するように叩いて浸み込ませます。その後ドライヤーや扇風機などで乾かします。そして、そのまま就寝します。

 

翌朝、洗い流すときは石鹸を使っても大丈夫です。

 

効果が出始めるまでの数日(個人差があります)は毎日塗ってください。
一度効果が現れると、1週間から10日間くらいの効果が持続します。そうしたら塗るのを止めて、再び汗が出始めたら塗る、という行動をします。

 

汗が出ていないのに液を塗るのは絶対にしないようにしてください。かぶれたり、炎症を起こすことがあります。

 

塩化アルミニウム液を1度塗っただけでは効果が現れなかった方は、2度塗りをしてみてください。一度塗ってからドライヤーなどで乾かした後、もう一度塗って乾かして就寝するという方法です。これで効果が出たら、最初の1度塗りに戻ってかまいません。