「多汗症」について

多汗症には、全身性多汗症と局所性多汗症があります。手のひらや顔、頭部、脇、足のうらなどに多量の発汗が見られるのは局所性多汗症です。

 

また、緊張や不安など、気持ちの持ち方や生活環境、ストレスなどから一時的に多量の汗が出てしまうことは誰もが経験していますが、一概にこれを多汗症とはいえません。多汗症は交感神経が深く関係していることが最近の研究でわかってきています。

 

多汗症の診断は素人では判断がつきにくく、専門医に受診することが最良の解決策といえます。

 

多汗症の中でも特に手汗の有病率は1%と多いのですが、多汗症という病気だと認識していない方もあり、手汗で悩んでいる人が多くいるのが実情だと言われています。

 

手の多汗症が平成8年4月から局所多汗症として治療することができ、健康保険の適用ができるようになりました。

多汗症の特徴

多汗症は身体異常による病気であり、精神異常によるものや、標準的な一時的な発汗とは別のものとされています。

 

局所性多汗症の発汗する最も多い部位は、手のひら・足のうら・脇の下・顔面・頭部の5部位とされ、通常複数の部位に多汗症状が現れます。
その特徴は大きく3つに分けられます。

 

1.発症時期が小児期で、老年期にいたるまで症状が続くと言われます。
2.常に発汗しているわけではなく、多汗と無汗の状態があり、精神的緊張や体温変化をきっかけに発汗し、多汗となることが見られることもあります。
3.左右同時に発汗します。交感神経の異常で発汗する場合は片側だけに多汗がみられ、左右の差があります。